読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「マイレージ、マイライフ」(2009)

Up_in_the_air 観終わったあとで、本作がコメディだったことを知りました。えぇ!? 体調があまり良くなかったせいなのか。こないだ観た「ハート・ロッカー」もかなりグッタリさせられたけれども、本作も劇場から自宅へ帰るまで、心に重たい石みたいなモンを抱えながら、鬱々していたんですけど。途中で雨が降ってくるし。

縁のない企業のリストラの宣告を専門に請け負う会社があることを初めて知りました。さすがアメリカ、じつに合理的。合理的であるけれども…、このご時勢にさぁ。切ない。観ているうちに、社員の出張費の削減にもなるってんで、ビデオチャットを使ってリストラを宣告するシステムを導入しようという流れになる。…じつはITなんて、ぜんぜん人間を幸せにしないんじゃないかって常々思ってたんだけど、やっぱりじゃん。

一年の300日以上を出張にあて、次々と初対面の会社員にクビを言い渡し、航空会社のマイレージを貯めることに専念する、ジョージ・クルーニー扮するライアン。一見、非情な男に思えるけれど、職務に忠実で有能ってことです。住む家も持たず、人間関係なんて煩わしいだけ。そんな考え方だって、スムーズに仕事をこなすために彼が編み出した処世術、堅固な人生哲学ですよ。けど、だんだん心が揺れてきちゃうんだよなぁ。それが娯楽映画のお約束なんだけど。また痛い皮肉が効いてるんだ。いっそ、最後まで迷うことなく自分の生き方を貫き通してくれたら、かえって清々しかったかも。そんなことを考えるのは僕だけかもしれませんが。

100208_3