読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

THE MAN NEVER GIVE UP - 勝新太郎

Tensai_katsushintaro_cover_3 話の流れで「最近、読んだ本でオモロかったのは?」と尋ねられたとしたら! 春日太一著「天才 勝新太郎」(文藝春秋刊)って答えるでしょうね。
豪放磊落でサービス精神旺盛な役者馬鹿としては語りつくされた感もある、名優・勝新太郎を「採算を考えるなら会社をやる意味がないんだよ!」が口癖のプロダクションのオーナーとして、そして金銭に糸目をつけず、テレビドラマでも一切の妥協を許さなかった、監督・脚本家としての勝を、綿密なリサーチのもとに、はやる気持ちをおさえて(←勝手な想像です)冷静に見つめた力作です。
「視聴者に言っておけ! オレの作品が始まったらテレビの前に正座して1カットも見逃さないようにとな!」…このセリフ、勝新の肉声で聞いてみたかったなぁ。

という訳で、不満ではありませんが、この名著には、長唄から始まった芸能人生にもかかわらず、勝新の音楽家としての、とくにシンガーとしての側面には光が当てられていません。そこで僕はこの本を読了後、1枚のCDを引っ張りだしたんですよ。『The Man Never Give Up』

The_man_never_give_up_cover

「Ai_Meguriai.mp4」をダウンロード

勝新太郎の生き様をそのまま綴ったような歌詞にもシビれますが、なんなんでしょう、この尋常じゃない抱擁力にあふれた歌声! スピーカーから伝わってくるぬくもり。耳で聴く湯治。そして、気がつけば、もう3月。

100306