読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

SELF PORTRAIT - RUTH COPELAND

音楽

Self_portrait_cover_01

イギリスはダラム出身のシンガー・ソングライター、ルース・コープランドは、あのモータウンの音楽プロデューサーであるジェフェリー・ボーウェンとの結婚が縁で、モータウンから派生した新レーベル・インヴィクタスと初の白人アーティストとして契約、本デビュー作「Self Portrait(邦題「自画像」)を発表するに至るわけですが、いくら強調してもしたらないのは、バックを務めているのが、当時同レーベルに所属していたファンカデリックパーラメント)ということですよ!

ブラック・ロックのにおいがムンムンするジョージ・クリントンとの共作をふくめ、アカペラあり、モータウン調あり、失恋を唄ったメランコリックなナンバーありと、かなり雑多な印象を受けますが、おい、アルバムのトリを飾るのは「Un Bel Di (One Fine Day)」。なぜにオペラ「蝶々夫人」が飛びだすか。でも、ギターの音色(おそらくエディ・ヘイゼル)が涙をさそうほど素晴らしいので合格ッ!

「Un_Bei_Di.mp4」をダウンロード

Self_portrait_cover_02_2 引き続きファンカデリックを従えて、ヘヴィ・ロックを全面に押しだした2nd「I Am What I Am」ストーンズのカヴァーが秀逸すぎる、これまた大傑作なので、もう、2枚まとめて聴いちゃってください! 近年、ボーナス・トラックつきの2枚組CDがリリースされたから! 日本のアマゾンでも買えるし!

101007