読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」(2008)

Shine_a_light ロックのライヴ映像を暗い映画館内で黙って鑑賞するって、なかなか不思議な感覚で。でも、だからこそ、あらためて発見できることもあったりして。まぁヘンな話、あぁ、キース・リチャーズ、ちゃんと弾いてるんだな、とか。

セット・リストがシブいのが嬉しかったですね。せっかく来日してくれても、どうしても、グレイテスト・ヒッツばかりになってしまうから。キースが「CONNECTION」を唄う姿を見たのは初めてです。一応、ドキュメンタリーなんだけど、チャーリー・ワッツがくたびれた表情でため息をついたり、キースがくわえていたタバコを吐きだす瞬間をはさみこんだり、ちょっとニヤリとなっちゃう演出が加えられています。

印象深いナンバーは「CHAMPAGNE & REEFERバディ・ガイが客演してるんだけど、もう、ミックなんかより、はるかにギラギラしてて。歌声もテンション高いし。しびれました。

081215_2