読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

Paul McCartney Out There Japan Tour 2013

f:id:s-ooguro:20141013172413j:plain

前回のDriving Japan Tourが2002年のこと。気がつけばあれからもう11年ですよ! まさに光陰矢のごとし。それなのに、そんな時の流れをまるで感じさせない堂々たるロック・ショーを見せてくれたポール・マッカトニー。小指の先ほどの姿しか拝めなかったけれど、あらためて11月18日のセットリストを挙げてみます。

1.Eight Days A Week
2.Save us
3.All My Loving
4.Listen To What The Man Said
5.Let Me Roll It / Foxy Lady
6.Paperback Writer
7.My Valentine
8.Nineteen Hundred And Eighty-Five
9.The Long And Winding Road
10.Maybe I'm Amazed
11.I've Just Seen A Face
12.We Can Work It Out
13.Another Day
14.And I Love Her
15.Blackbird
16.Here Today
17.NEW
18.Queenie Eye
19.Lady Madonna
20.All Together Now
21.Lovely Rita
22.Everybody Out There
23.Eleanor Rigby
24.Being for the Benefit of Mr. Kite!
25.Something
26.Ob-La-Di, Ob-La-Da
27.Band on the Run
28.Back in the U.S.S.R.
29.Let It Be
30.Live And Let Die
31.Hey Jude

アンコール:
32.Day Tripper
33.Hi, Hi, Hi
34.Get back

アンコール2回目:
35.Yesterday
36.Helter Skelter
37.Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

…約3時間にもおよんだこの怒涛のラインナップ。うわぁ、観に行って良かった。僕が現世に生まれる前からスーパースターなんですよ。そんなロック界の頂点に君臨する生きる伝説が、こんな長丁場のステージをさらりとスマートにこなすんだから。ポールと同じ時代を生きてるのかぁ。そもそもそのことが感動的なんだよな。とにかく畏敬の念に打たれっぱなしの一夜でした。

f:id:s-ooguro:20141013172440j:plain