読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「マン・オブ・スティール」(2013)

映画

f:id:s-ooguro:20141013172751j:plain

今作中で主人公がスーパーマンと呼ばれたのは1度きりだったかなぁ。映画の前半は惑星クリプトンの生き残りである異星人・カル=エルことクラーク・ケントの、たどり着いた地球で、汚れた身なりで職を転々としながらの人生放浪記。定番となったアメコミヒーローの心の葛藤。バットマンもアイアンマンも悩んで悩みぬいていたけれど、あのスマートで品が良くてなんだか優雅なスーパーマンまで。若い頃は誰でも煩悶するんですね、たとえ宇宙人でも。

中盤、いよいよお馴染みのコスチュームに身を包んで厳かに登場。アクション・シーンに定評があるザック・スナイダー監督が手がけたクライマックスのゾッド将軍との闘いは、さすがのひと言。大都市メトロポリスをこれでもかとメタメタに破壊しつくし、まぁ暴力、暴力、そして暴力にはさらなる暴力。我に返り、まるで焦土と化した辺りを見回した時、正義のヒーロー・スーパーマンはなにを思うんでしょうか。

いや、なんだかんだでこの映画、スゴく面白かったんですよ。もう1回観たいなぁ、と思わせるぐらい。ただ「我々は本当にこんなヒーロー映画を望んでいるの?」という疑念は胸のどこかに引っかかり続けていました。

f:id:s-ooguro:20141013172802j:plain