読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「パシフィック・リム」(2013)

f:id:s-ooguro:20141013172930j:plain

2D字幕版で2回観たんです。 面白かったですね。 大昔にビデオで観た『ロボ・ジョックス』って映画を思いだしましたよね。大予算を投じた、大マジメな、高層ビル程のバカでかいロボット(イェーガーか)とモンスター(あ、KAIJUか)の格闘。 取っ組み合う前にしっかり見栄をきる。CGで作っているハズなのに、まるでブリキ細工のように吹き飛ぶ自動車。香港を舞台に繰り広げられる一大決戦は、語弊を恐れずに言うならば、最高のバカバカしさに溢れていました。

しかし、それにもまして僕の胸を躍らせたのは、なんというか、破壊の美学ですよ。半壊したイェーガーがアラスカの平原に崩れ落ちるオープニングにはじまり、人類が総力を挙げて作りだした人型巨大兵器が、慈悲のかけらもない怪物に次々と頭を叩き潰され、強力な酸で身体を溶かされ、腕を食いちぎられる。その容赦のない暴力の描写に、恍惚と郷愁の念がどうしても湧いてくるのでした。

クールジャパンに縁がなくても、本多猪四郎ハリーハウゼンを知らなくても、連日の猛暑で乾いた心に潤いをもたらす娯楽大作。映画館の大スクリーンで観ないと楽しさ半減かも。

f:id:s-ooguro:20141013172942j:plain