読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

TURN IT OVER - THE TONY WILLIAMS LIFETIME

音楽

f:id:s-ooguro:20141013173251j:plain

1963年に17歳の若さでマイルス・デイヴィスクインテットに参加した天才ジャズ・ドラマー、トニー・ウィリアムス。彼が69年、当時のシーンに革命を起こしていたロック・ミュージックに大きく接近した音楽を創造するために自身のバンド、トニー・ウィリアムス・ライフタイムを結成し、70年に発表したセカンド・アルバム。…これがちょっと、いやおおいにタダモノではないのです!

f:id:s-ooguro:20141013173304j:plain

本作、元クリームのジャック・ブルースがベースを担当してまして、そのためブリティッシュ・ロックのにおいがとても強くなっています。そのためラリー・ヤングのオルガン・プレイにキース・エマーソンを連想する人も少なくないハズ。アルバム全編を通し、火がついたように暴れまわるウィリアムスのバスドラドカドカ、シンバル鳴りっぱなしのドラム&ジョン・マクラフリンディストーションギターは前作『EMERGENCY!』同様のやかましさ。これはもう、プログレッシブ・ロックですね。緊張と混沌、キング・クリムゾンの『RED』の世界ですよ。

暗黒に染まったジャケットを裏返すと「PLAY IT LOUD. PLAY IT VERY VERY LOUD.」のメッセージが…。名盤です。

f:id:s-ooguro:20141013173318j:plain