読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「LOOPER/ルーパー」(2012)

映画

f:id:s-ooguro:20141013173711j:plain

タイム・トラベルという、手垢がつきまくった材料で新作映画を作るからには、ここまでひねらないとダメなのか、と考えされられました。まず、2044年に生きる主人公が、30年後から来た2074年の自分と出会う。しかし、そこから2人が協力しあって巨悪を倒す…という、ありがちなバディものの展開にはなりません。そもそも、現在と未来の自分が顔をあわせることってタイム・パラドックスなのでは? ってそんな理屈、アイデアとセンスでうまく観せられればどーでもよくなるんですね。

そして、この映画が意欲的なのは、タイム・トラベルという奇抜な設定にもうひとつ、これまたSFならではのビックリネタをトッピングしている点で、ストーリーが本格的に動きだすのはそのあたりが露わになってからでしょう。本気なのかユーモアなのかは分かりませんが、監督・脚本のライアン・ジョンソン、なかなかやり手です。惜しいのは、凝りに凝りまくったわりには、テーマはありふれていて、単純。娯楽映画らしからぬ、個人的に不愉快にさせられるシーンが1つ。なぜかブルース・ウィリスの熱演に少々グッタリさせられました。

f:id:s-ooguro:20141013173726j:plain