読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

BARE TREES - FLEETWOOD MAC

音楽

f:id:s-ooguro:20141013180633j:plain

フリートウッド・マックの最高傑作は、ゴチャゴチャ言わんと1969年発表の『Then Play On』。それは揺るがないけれども、ブルース色が後退した72年の本作も味わい深い。天才ギタリスト・ピーター・グリーンが去り、ジェレミー・スペンサーもいなくなった。しかし、当時のマックには、まだダニー・カーワンがいたのです。

f:id:s-ooguro:20141013180649j:plain

1968年に18歳の若さでマックに加入。第3のギタリストとして確かな腕前を披露する(「Oh Well」前半のソロはカーワンによるもの)一方、ソングライターとしても少しづつ頭角をあらわすのですが、その才能が全面に押し出されたのが、前作の『Future Games』。さらにアメリカ人であるボブ・ウェルチという新しい血を加え、カーワン、ウェルチ、そしてクリスティン・マクヴィー。派手さはないけれど豊かな3つの個性が光る本作ですが、まずはなんといってもカーワンのペンによる情緒あふれるナンバーの数々!

ほかにも、聴き惚れずにはいられないクリスティン作の「Spare Me a Little of Your Love」、そして言わずもがなの「Sentimental Lady」。最近、このアルバムをなんとなく聴き返していたのですが…。ボブ・ウェルチの魂よ、永遠に、安らかに。

f:id:s-ooguro:20141013180704j:plain