読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「ドラゴン・タトゥーの女」(2011)

映画

f:id:s-ooguro:20141013183000j:plain

デヴィッド・フィンチャーの撮る映画には、なぁんか温もりが感じられない、とぼんやりした感想を持っていたけれど、今作は舞台が極寒のスウェーデンということで、その印象が一層際立つ。原作も、スウェーデン版も知らずに鑑賞したのだけれど、「犬神家の一族」が頭に浮かびました。こんな話だったのか。しかし、それだけでは終わりませんでしたね。だから3部作なのか、と、これから後はごくごく個人的な感想。

とにかくMacBookが大活躍する映画。ソニー・ピクチャーズなのに! もはや現代劇を描くうえで携帯電話とインターネットは欠かせないな、とは常々思っていたけれど、今作では特に気になりました。証拠物件やら資料やらを整理するためにプリントアウトするする。古いスナップ写真をスキャンして、PCのiPhotoに読み込ませて、スライドショーにするする。かといって、PCがなければ解決できない事件でもなさそうだから、余計に気になるわけで。ダニエル・クレイグが演じるのはジャーナリストで、刑事ではないのだけれど、黒澤明の「野良犬」とかフランケンハイマーの「フレンチ・コネクション2」とか! たとえが非常に古くてなんですが、事件の真相にたどり着くためには、もっと足を使おうよ、もっと躍動させないと、なんてこっそり思ってしまった次第…。

f:id:s-ooguro:20141013183011j:plain