読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

THE HOWLIN' WOLF ALBUM - HOWLIN' WOLF

f:id:s-ooguro:20141013184250j:plain

ミシシッピー・ブルースの巨人、ハウリン・ウルフ1969年発表のアルバム。タイトルもシンプルなら、ジャケもシンプル。「これはハウリン・ウルフのニューアルバム。彼は気に入っていない。そもそもエレクトリック・ギターが嫌いなのだ」。この文句、ブルース・ファンの気を引くためのジョークならいいのだが、どうやらガチらしい。というのも、今作、当時欧米で大流行していたサイケデリック・ムーブメントに便乗した、企画ものだったため。収録曲はウルフのスタンダード・ナンバーが大半を占めているけど、アレンジがさすが、というかなるほど、というか。

ファズ、ワウワウをギンギンに効かせたギターに、ウルフ御大の強烈なダミ声がからみ、さらにフルート、はてはシタールまで飛びだす始末。なんだろう、この怪しさ、ドス黒さ、ファンカデリックの1stアルバムに通じるモノがあるかもです。ブルースとしては失敗かもしれないけど、サイケデリック・ブルース・ロックとしてはぜんぜんアリなわけで、こういう類の珍作なら、僕としては大歓迎なのです。

f:id:s-ooguro:20141013184259j:plain