読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

赤札屋 新橋本店

f:id:s-ooguro:20141013185436j:plain

8.27 両国国技館で開催される「INOKI GENOME ~Super Stars Festival 2011~」を目前にひかえ、身体が疼いたのか、近年で最悪の夏バテ状態のなか、新橋は烏森神社のはす向かいに店をかまえる「赤札屋 新橋本店」へ行って参りました。

f:id:s-ooguro:20141013185535j:plain

この大衆居酒屋とプロレス、なんの関係があるのか? そのキーパーソンの名は永島勝司 別冊宝島原田久仁信センセイの実録劇画でお馴染み、かつて新日本プロレス仕掛人として辣腕をふるうも、いろいろあって退社。同じく新日を退社した、すでにロートルだった長州力をエースに新団体「WJプロレス」を旗揚げしたはいいが、その後は、呪われているとしか思えない転落人生。その永島が贔屓にしている店なのです。

f:id:s-ooguro:20141013185547j:plain

カウンターに通され、メニューを見る。ま〜、安い。酒もツマミもほとんどが500円以下。そしてなぜかサラダが高級メニューになっている不思議。午後4時ぐらいに来店したんですが、繁盛してますね。団体客も多く、皆さんすでに出来上がってますわ。

f:id:s-ooguro:20141013185556j:plain

アントニオ猪木の色紙の横にはアントニオ小猪木。他にも多くのプロレス関係者が訪れている模様。

f:id:s-ooguro:20141013185606j:plain

アナゴの骨せんべい(150円)をアテに、生ビールで暑気払い。永島勝司はいないし、だんだん混んできたので、2杯飲んでお勘定。1200円ちょっと。とにかく体調が良くなかったのが残念。機会があれば、またうかがいますんで。

f:id:s-ooguro:20141013185623j:plain