読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「ブラック・スワン」(2010)

f:id:s-ooguro:20141013190831j:plain

正直、観終わった後、心身ともにグッタリしてしまった。殺人鬼やモンスターはでてこないが、ジャンル分けするならば、ホラーのカテゴリーにはいるでしょう。オスカー主演女優賞に輝いたナタリー・ポートマンが演じる、バレエ一筋に打ちこむ、生真面目な優等生のニナが、邪悪で官能的な黒鳥を演じようと悩み、もがくうちに追いつめられ、幻覚に取り憑かれるのだけれど、ほとんどすべてのシーンがニナの一人称の視点で語られるため、現実と虚構がじつに曖昧。

そんなニナの精神のバランスを表す小道具として、「鏡」が重要な役割を果たしているのだけれど、とにかく頭がクラクラするぐらいこれでもかと数多くの鏡、そこに映るニナの姿が多用される。いったいどれが真実でどれが幻覚なのか、もう、今作ではあまり重要ではないのかも。そんなことより、ストレスが原因で、無意識に身体を掻きむしってしまう癖がある、そもそもあまりメンタルが強くない主人公に、これでもか、と苦難を与え続ける様子を観客に観せるほうにご執心のよう。さすがダーレン・アロノフスキー監督。そのへんブレていません。

ひょっとしたらサクセス・ストーリーなのかもしれないけど、あまり趣味がいいとは思えない。ウィノナ・ライダーバーバラ・ハーシーの起用も、ちょっと残酷。

f:id:s-ooguro:20141013190845j:plain