読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

CHAPTERS AND PHASES : THE COMPLETE ALBUMS 1973 - 1975 - BLO

f:id:s-ooguro:20141013191652j:plain

f:id:s-ooguro:20141013192317j:plain

ギターのBerkely Jonesから"B"、ドラムのLaolu Akintobiから"L"、そしてベースのMike Odumosuからだけ、なぜかファミリー・ネームの"O"。3人合わせてバンド名は"BLO"だコラ! アフリカはナイジェリアから鳴り響くサイケデリック・サウンドに、耳、そばだてよ!との天の声(by 猪木)が僕の脳にくだり、彼らの1stと2ndがカップリングされた当アルバムを新宿にて1000円で購入。

ファンキーなカッティング・ギターに絡みつく、ねちっこいファズ・ギターにホッペタ落ちそう。なんとなくブライアン・ジョーンズの『Joujouka』や、ファンカデリックの1stのような、呪術的なサウンドを想像していたけれど、果たして脳裏に広がるのは、意外や青空のもとに広がる乾いたサバンナの大地、みたいな。

アレンジにあまり土臭さを感じないのは、彼らが影響を受けたバンドが、グランド・ファンク・レイルロードアイズレー・ブラザーズ(ライナーノーツより)だというあたりに関係がありそう。アフリカ、中近東、東南アジアこのあたりに面白そうなロック・バンドが眠っていそう。ポツポツあたってみよう。

f:id:s-ooguro:20141013192102j:plain