読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

WWE「RAW presents SUMMERSLAM tour 2010」

Wwe_summerslam_tour_ticket_2

今年も駆けつけましたよ! WWE日本公演! 会場の両国国技館は、おそらくどこからでもリングが良く見える造りでたいへんよろしい。どうもトイレが近いもんで、ビール片手に、とはいきませんでしたが、異常に暑い今年の夏を乗りきるニンニク注射を打ってもらったかのような満足感が得られたなぁ。(試合結果・スポーツナビ)


Wwe_summerslam_tour_01 事前に発表された対戦カードを見たときから、この日の興行の個人的メイン・イベントは、ランディ・オートン vs レイ・ミステリオに決まり! だったんですが。ふたを開けてみれば、突然のカードの変更で、オートンの対戦相手は、RAWの嫌われ者集団「NEXUS」のリーダー、ウェイド・バレット。いやいや、バレット、頑張ってました。試合前のマイクアピールで、思いっきり観客のブーイングを煽ってましたから。そんなバレットに、オートン、まさかのRKO2連発。貫禄ついたなぁ。

Wwe_summerslam_tour_02 まだまだルーキーであるヨシ・タツのメイン戦出場については、観客より本人がその責任と重圧を感じているだろうし、もう固いこと抜き! ロンリー・バトルを強いられ、パートナーのジョン・シナがカットに入れた瞬間もあったような気がするけれど、そこはまぁ、若手レスラーが必ず通る道だから。一方、ヒール(悪役)のくせに、ほとんどすべての持ち技を披露しちゃう親日家・クリス・ジェリコの優しさ! サービス精神! ザッツ・エンターテインメント!

Wwe_summerslam_tour_03

看板レスラーのトリプルHやエッジが不参加でも、ここまで観客をヒートアップさせられる、WWEの選手層の厚さったら。来年もよろしく!

100823_2