読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「運命のボタン」(2009)

The_box 封切り当時、正直言って心惹かれるものがなく、劇場鑑賞はスルーするつもりだったのだけれど、Twitterにて知り合いが大傑作だとつぶやいていたのを知り、ここは生来の野次馬根性で、公開終了ギリギリセーフで観た次第。

ん〜、こッれは不意打ちでしたね。原作がリチャード・マシスンと事前に知っていたら、多少は身構えたでしょうが、予備知識をいっさい頭に入れなかったことが功を奏しました。至極シンプルな設定から、よくもここまでねじれたストーリーを広げたもんだと。鑑賞中、頬がゆるみっぱなしでしたよ。1976年という時代設定も「いかにも!」だし、少しくすんだような映像もしっくりきてます。このリチャード・ケリーという監督の作品を観るのは初めてだけど、このヒト、意識してなのか無意識なのか、なんというか「寸止めの美学」を分かってらっしゃる。地味なキャスティングもいい味だしてるし、あまり大騒ぎせず、酒を飲みながらコッソリ語りたい映画ですね。

100531_2