読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

THE PRETTY THINGS 来日公演

音楽

The_pretty_things_live_in_japan_tic

The_pretty_things_live_in_japan_fli The Pretty Things・ライブ・イン・ジャパン。1964年にイギリスはロンドンで結成された伝説のバンドが、2010年に初来日。これは快挙というレベルを超えて、奇跡と言っても過言ではありません。たとえ会場のキャパが400人程度であっても!

フロント・アクトの2組のバンドを従えて、堂々と登場。オリジナル・メンバーはヴォーカルのフィル・メイとリードギターのディック・テイラーの2人しかいないけれども、どうだッ、この押しだし!貫禄! いきなりフィルのシャウトが響きわたる。彼らの1stアルバムにも収められた、ボ・ディドリーの「Roadrunner」ですよ。途中、アコースティック・セットもはさんだりして。選曲は現在もなお再評価されつづける、元祖ロック・オペラ『S.F. Sorrow』からがやはり多かったけれども、Electric Banana名義でリリースした「Alexander」まで披露。アンコールを締めくくったのは荒くれデビュー・シングルの「Rosalyn」でありました。もちろん、この動画のナンバーもね。↓

「Midnight_to_Six_Man.mp4」をダウンロード

そして翌31日は西新宿の某ロック・バーで、サイン会が催されたのさ。

The_pretty_things_in_shinjuku_tokyo

The_pretty_things_signed_cd_2 店内で流れる彼らのいにしえのナンバーをハモったりして、皆さん、かなり上機嫌なご様子。てか、昼間っから酔っぱらってるんじゃないの!? とにかくフレンドリーに迎えてくれて。こっちだって、まさか東京で、永年のアイドルであるフィルとディックにサインをもらって、握手してもらって、「昨日のライブは見たのか?」なんて声かけられて。そりゃ頭ンなか真っ白になって記憶がとびますわ。

あ〜、大げさだけど、生きてて良かった。そして、この来日公演を実現させるために尽力してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

100205