読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「サロゲート」(2009)

Surrogates 生身の人間に成り代わって「サロゲート」という名のロボットが運営する近未来社会。これって、チャットだとかSNSだとかTwitterだとか。リアルに顔を合わせなくともコミュニケーションが成立してしまう、我々が生活する現代社会を風刺しているんだろうけれども!

なんなんだろうか。これ、ホントに2009年製作なの? と疑ってしまうほどの、スクリーンから漂うチープなレトロ感。「トータル・リコール」とか「シックス・デイ」みたいな、シュワルツェネッガーが大暴れしそうな世界ですよ。でもって、監督がジョナサン・モストウだから、堂々たるB級SF映画に仕上がってしまいました。主演のブルース・ウィリス、冒頭はヅラをかぶって若作りで登場しますが、途中からは常にくたびれたような、そう、いつものウィリスが疲れた身体に鞭打って、なんとなぁく先が読める謎の事件に挑むわけです。

全世界の存亡にかかわる陰謀が展開しているはずなのに、まるで箱庭のなかで大騒ぎしているように見えてしまう今作には、1時間29分という上映時間がピッタリ。まだ1月。2010年始まったばかり。肩の力を抜いて、のんびり楽しみましょう。

100122_2