読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

新・包丁無宿

マンガ 食・レシピ

Shin_houchou_mushuku_01

Shin_houchou_mushuku_cover 以前、当ブログでたがわ靖之先生の異色料理マンガ「夜の料理人」をとりあげましたが、たがわ先生の代表作といえば、やはり「包丁無宿」でしょう。わけありの流れ板・暮 流助が、日本全国津々浦々でひたすら料理対決に挑み続ける、大長編マンガです(単行本全45巻)。よほど好評だったのか、続編も登場。それが今回紹介する「新・包丁無宿(こちらは全5巻・ただし未完)なワケですが!

長きにわたって、ロックでたとえるならAC/DCみたいなワンパターンなストーリーを連載し続ければ、どうしたってネタは尽きていきますよ。ところが、そこからがたがわ靖之の真骨頂なんです! たとえば4巻に収められた「包丁妖術師」。

Shin_houchou_mushuku_02_2

Shin_houchou_mushuku_03

もちろん、これらの妖術はトリックであり、しまいには小学生が考えたようなネタばらしがあるのだけれども。「スゴいなぁ」とため息がでてしまうのは、こんな(失礼)バカバカしい話のなかに、照れや躊躇みたいなモンがまるで感じられないところですよ。だから余計に笑える。これは才能ですよ。簡単に真似ることなんてできっこありません。

たがわ先生は、謙虚に、後世に受け継がれる作品を残そうなんて考えたことはなかったかもしれません。でも、そういう作品ほど、すくなくとも僕の脳内ライブラリーにはしっかりと保管されてしまうんだよなぁ。グッハッハ!!(by 福田政二社長)

090930