読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

HIMIG NATIN - JUAN DE LA CRUZ

音楽

Juan_de_la_cruz_himig_natin_cover

1973年、フィリピン発。Juan De La Cruzがアルバム『HIMIG NATIN』で吼えました。どんなに空調が整った部屋でも、CDプレーヤーにこのディスクを乗せてPlayボタンを押してみてください。ものの10分で部屋内の不快指数が急上昇すること間違いありません! レッド・ツェッペリンでもブラック・サバスでもない、変化球なしの愚直なヘヴィ・ロックが、かつて東南アジアで息づいていたとは。

Speed_glue_and_shinki_cover
フィリピンのロック・シーンなんか全然知らない僕が、なぜ本CDを所有しているのか。それは、ドラム&ヴォーカル担当のジョーイ・スミスと、ベース担当のマイク・ハノポルが、日本に滞在時、我が国が世界にほこるサイケ・ブルース・ロックバンド、Speed , Glue & Shinkiのメンバーだったからなんですね。

ラーメンにたとえるなら、二郎? 天下一品? コラーゲンなら身体にいいらしいけれど、ただの脂身だったらどうしよう。などと真摯にCDプレーヤーに耳をかたむけていてもそんな妄想をせざるをえない、むさ苦しいブルース・ロックが続きますが、ラストにおさめられた、タガログ語で歌われるバラード「Himig Natin」が爽やかすぎて、優しすぎて。歌詞なんかさっぱり分からなくても。

「himig_natin.mp4」をダウンロード

こってりした中華のコース料理で、最後にでてくる杏仁豆腐みたいなモン? だから聴き終えてもリピートしてしまうんだよなぁ。ボーナス・トラックでライヴ音源が4曲収録されてるけど、擬似だよね、これ。

090514