読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「ダークナイト」(2008)

The_dark_knight

故・橋本真也の言葉を借りれば「時は来た」ということなのか。安易に「傑作」という言葉で片付けるのはいかがなモンかと思う。実際、この映画の世界観、受け付けないという観客も少なからずいると思う。ストーリーが詰め込みすぎなんじゃないの?とか、僕も言いたいことがないわけではない。けど、これだけの手練をつくした作品の前では、個人の嗜好はとりあえず脇に置いて、素直に参りました、と言うべきなのでは? コミックが原作でも、子供だましではない「作品」は作れる。その進化の大いなる第一歩に、我々観客は立ち会ったのかもしれません。

今作におけるダークナイトバットマンは、主人公のヒーローなどではなく、ついに数多い登場人物のひとり、になってしまっています。秩序を守るために必要なのは「法」だけなのか。だれしも心の底に「悪」を育んでいるのではないか。そんな、目に見えない、しかし普遍的・根源的なテーマのもとでは、バットマンの新兵器など、刺身のツマみたいなモンです。なんの目的もない敵役のジョーカーが、山と積まれた札束をまるで紙くずのように焼却してしまうシーンが妙に印象的で、バットマンでさえ、最後にはモラルの一線を越えてしまう。こんな「重たい」映画が、興行記録を塗り替えるほどに大ヒットしているアメリカ! 元気ですかぁーッ!

今作の成功を機に、アメコミ原作の「シリアス」な作品が多数製作されるでしょう。しかし「ダークナイト」は、それらの試金石として、少なくとも3年は生き続けるのではないでしょうか。

080814_4