読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「インクレディブル・ハルク」(2008)

The_incredible_hulk

もう、ここまでCG技術が格段の進歩をとげてしまうと、配給会社も「驚異の映像革命!」なんてフレーズ、安易に使えないでしょ。テクノロジーがいくら発達しようとも、結局は作品の質で勝負しなきゃならないんですよね。でも、実際には存在しない、CGで創造されたキャラが、その演技力を買われて、オスカーにノミネートされる。そんな時代が訪れても、驚きません。いまのところ、賛同はしかねるけれど。

アメコミ原作の映画の醍醐味は、なんといっても、魅力的な悪役ですよ。今作でいえば、ロス将軍と、特殊部隊員のブロンスキーですか。で、それぞれの役を、演技派のウィリアム・ハートティム・ロスが演じているんです。彼らは非情な悪党なのか。僕には、ミッションに忠実な職業軍人にしか見えませんでした。ハルクを捕らえるために、みずから人体実験を志願するブロンスキーに、悪の匂いはまったく感じられませんでしたね。「これがオレの仕事だからな」。セリフにはなくとも、そんな顔をしていましたよ。クライマックスはお約束の、モンスター同士の肉弾戦になるわけですが。なんのために、前半に、あのヒクソン・グレイシー本人を登場させたのか。意味ないじゃん。

それにしても、興行的に失敗したとはいえ、たった5年前に製作された映画を、なぜリメイクしたのか。本作のラストのセリフがその答えなんでしょうね。マーヴェル・コミックス最強!

080808