読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「イースタン・プロミス」(2007)

Eastern_promises

デヴィッド・クローネンバーグ監督の前作「ヒストリー・オブ・バイオレンス」には巷の高評価のわりには、いまいち乗り切れなかったんだけど、今作は、一瞬たりともスクリーンから眼をそらすことができませんでした。とか書いておいて、本編始まってしばらくのあいだ、舞台がロンドンだということに気が付かなかったんだけど!

これまでのクローネンバーグ監督作の主人公は、己の心身の変化や、置かれた異様な状況に馴染むことができず、迷走を続けてしまう人間が多かったですよね。しかし、本作のヴィゴ・モーテンセン演じるロシア人運転手・ニコライは、違います。自分が何者なのか。自分がどこにいるのか。なにをすべきなのか。それらを十分理解しています。どこを目指しているのかは、曖昧に描かれていますが。

監督のこだわりである、観る者に存分に痛みを伝える、残酷な描写もいくつかあり、万人受けする作品ではないけれど、僕が今年の上半期に観た映画のなかでは、ベスト1なんじゃないかなぁ。

080629_2