読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「ノーカントリー」(2007)

No_country_for_old_men

正直、コーエン兄弟が撮る映画とは縁がないなぁ、と思ってます。思い返しても、「ミラーズ・クロッシング」と「ファーゴ」が印象に残っているぐらいで。近作は観ていないし。それはつまり、コーエン兄弟の映画が観る者を選ぶほどユニークだということだけど。やたら評判がいい今作を観に行ったのも、100パーセント野次馬根性なわけです。

非情な殺し屋を演じたハビエル・バルデムが、アカデミーで最優秀助演男優賞を獲ったことを前もって知っていました。なるほど、たしかにこれはなかなかの凄味。でも、主演のトミー・リー・ジョーンズが演じた保安官も面白かった。出番はそれほど多くないんだけど、なによりなんの役にもたたないんだよなぁ! ベテランなんだけど、はたして有能なのか無能なのか。表情も乏しいし、始終ぶつぶつグチっているばかり。

で、あのラスト。たしかに不思議だけど、ひょっとしたら、終始緊張感が張りつめたこの映画で唯一、ぬくもりみたいなモンを感じたシーンかも。意味はよくわからないけどね。だっふんだ!

080326