読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「28週後…」(2007)

28_weeks_later

なんというか、ゾンビ映画って、いまホントに流行っているんですね。僕はとくにこのジャンルの映画が大好きってわけではないけれど、気がつけば劇場でいくつか観てるもんなぁ。

映画の冒頭から、かなーり絶望的なムードが漂っているんだけど、じつに恐ろしい映画ですよ。血に飢えたゾンビ(正しくはウイルス感染者)が全力疾走でせまってくる怖さは当然として、肉親への愛情なり、未来に希望をたくしている人々が全然むくわれないんですよ。絶対に意識して脚本を書いてるわぁ。ロンドンが米軍の監視下に置かれている、という設定を知って、嫌な予感がしたんですけど、期待(?)を裏切らないなぁ。トンデモない事態に発展していくんですよ。しっかり暖房が効いてる館内のはずなのに、思いっきり寒々しい気分が味わえました。

閑散とした大都会を舞台に、人間とウイルス感染者の闘いを描く、というおおまかな設定は同じだけれど、結局なにがやりたかったのかよく分からなかったアイ・アム・レジェンド」よりは、はるかによく出来ているなぁ、と思いました。ただ、「面白い」イコール「楽しい」ではないので、観終わって、元気がでるかどうかはちょっと分からない。

「走るゾンビ」かぁ。僕はフラフラ歩くゾンビが好きなんですけど。やっぱ、あの、真綿でジリジリ首を絞められるような怖さですよ。というかね、ゾンビが走ると、カメラがグラグラして、なにがおこっているのかよく分からんのです。

080127