読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

SAMURAI SOUNDS

藤岡弘、 Hiroshi Fujioka

Samurai_sounds_1

http://www.samurai-sounds.jp/ja/

↑満を持して、「SAMURAI SOUNDS」にて、藤岡弘、さんの1stシングル「荒野のサムライ 〜明日に向って走れ〜」の予約受付が始まりました! 以前も書きましたが、ジャケのイラストは僕が担当させていただきました。

Hiroshi_fujioka_smiles

…と、告知だけするのは素っ気ないので、僕が藤岡隊長と初めて対面したときの「藤岡語録」を紹介してみましょうか。予定時刻よりやや遅れてレコーディング・スタジオにやって来た藤岡隊長が、準備として発声練習を始める前のわずかな時間、根がミーハーな僕は、けっこうズケズケと隊長に話しかけてしまいました。ちょうどその頃、隊長は某洗剤のCMに、漁船の船長役で出演していました。

「藤岡さん、あのCMはどこで撮影されたんですか?」

「ん? ああ、アレはね、下田の海で撮影したんだよねぇ!」

「あのCMを見ていて思い出したんですけど、藤岡さん、昔『リアルゴールド』のCMで、ヘリから船に飛び移るってアクションを披露してませんでした?」

「フフフッ、君もずいぶんと古いことを憶えているねぇ…! あのシーンはスタントマンが演じるって話も挙がったんだけど、こっちの気持ちがおさまらなくてさぁ!」

そして次の瞬間、隊長の口からでたワケですよ、金言が!(隊長のバリトン・ボイスを頭に浮かべながら読んでください)

「フフッ、なぁにしろ僕の人生には、つねに危険が付きまとっているからねぇ…!」

やっぱ、アマゾンまで地底人を探しにジャングルを探検する人の言葉には重みがありますよ、ウン。

Ai_to_yuuki_to_yume_wo_mote

そして、その日のレコーディングが終わり、僕が持参した隊長の著書「愛と勇気と夢を持て!」に筆ペンでサインをもらっている時、セカンド・インパクトがやってきたのです。何気なく僕が「この本のなかには『人間の出会いは偶然じゃない』ってフレーズが載ってますよね」と話しかけると! 隊長の表情が一瞬厳しくなり、そして腕を組みながら深呼吸をするように、おもむろに呟いたのです。

「君はぁ……、マルコ・ポーロを知っているかぁ……!?」

不意をつかれたので、僕は思わず「えッ!?」と素っ頓狂な返事をしてしまいましたが、そんなことを気にすることもなく、藤岡隊長は「コロンブス」「織田信長」「ペリー」「薩長同盟」などなど、歴史上の偉人や事件が次々と登場する、壮大なスケールの物語を、初対面の僕に延々と語ってくれたのでした。

ほかにも、あの映画「タイタニック」を撮ったジェームズ・キャメロン監督との交流話も聞かせていただいたのですが、文章にしたらものスゴく長くなるし、自分だけの財産にしたいので、ここまで! みなさん、「荒野のサムライ」買ってください。合掌!

060910