読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーグロ慎太郎の「新・夜明けのない朝」

生まれる時代を間違えたような気がするけど、それでも生きてるイラストレーター。お仕事は随時承っております。Contact me. : cannabis●ce.mbn.or.jp(スパム対策のため、●を@に変えてご使用下さい) http://shintaro-ooguro.com

「餓狼伝」

Puroresu プロレス お悔やみ アート・文化 マンガ 日記・エッセイ・コラム

ウチには谷口ジローの漫画は2冊しかない。餓狼伝』は繰り返し繰り返し読んだ。登場人物のストイックな生き様と、緻密な肉体の描写には惚れ惚れする。これを読んでチキン・ウィング・フェイスロックが好きになった。傑作です。

f:id:s-ooguro:20170212153706j:plain

f:id:s-ooguro:20170212153725j:plain

 

「1984年のUWF」

Puroresu プロレス ブログ 日記・エッセイ・コラム 本と雑誌

 

1984年のUWF

1984年のUWF

 

 『1984年のUWF』読了。ほぼ全編にわたり、佐山聡の革新性と天才を褒めそやす一方で、相手にケガをさせることに鈍感なクラッシャーで(アンドレとの不穏試合や長州蹴撃事件で新たなファンを獲得する推移は面白い)、佐山のシューティング・プロレスのスタイルを丸パクリし、ビッグマッチ以外では露骨に手を抜いたなど、前田日明に対する評価はきわめて辛辣。

「(前略)心の中では、UWFの試合は面白くないと思っているんです。でも、世間では『UWFこそ本物!』と言われているし、『週刊プロレス』もそう書いている。
UWFのプロレスがわからないとダメだ』という強迫観念が、僕の中にはありました。たとえば、ゴダールトリュフォーの映画を観て『わからない』とは言えないじゃないですか。言えば自分がわかっていないことがバレてしまうからです。(後略)」(本文中より。格闘技ライター堀内勇の発言)

UWFが選手やフロントではなく、観客の幻想によって支えられていたことが強調されている。著者の、プロレスに対する徹底的に冷めた視線や、レスラーの心情を本人に代わって代弁してしまう筆致は相変わらず。

f:id:s-ooguro:20170209191633j:plain

「SARUSARU漫画展2」始まりました

Illustration イラストレーション Original オリジナル お仕事 お知らせ 展示会 日記・エッセイ・コラム 江古田 練馬

本日より、江古田のCafe FLYINGTEAPOTにて合同展「SARUSARU漫画展2」開催です(13日まで)。

flyingteapot1997.wixsite.com

先ほど搬入作業が終わりました。皆様のお越しをお待ちしております!

f:id:s-ooguro:20170201152344j:plain

f:id:s-ooguro:20170201152356j:plain

f:id:s-ooguro:20170201152408j:plain

f:id:s-ooguro:20170127180534j:plain

 

 

合同展「SARUSARU漫画展2」のお知らせ

Illustration イラストレーション Original オリジナル お知らせ 練馬 江古田 展示会

2月1日(水)から13日(月)まで、いつもお世話になっている江古田のCafe FLYING TEAPOTでの合同展「SARUSARU漫画展2」に参加します。僕は70年代セクスプロイテーション女優のイラスト3点展示予定です。よろしくお願いしまーす!

f:id:s-ooguro:20170127180534j:plain

つりコミック発売中

Illustration イラストレーション お仕事 お知らせ つりコミック 本と雑誌

ただいま発売中のつりコミック、エド山口さんのコラムのイラストです。今回のテーマは冬の立ち込み釣りの防寒対策。よろしくお願いいたしまーす!

f:id:s-ooguro:20170126152105j:plain

f:id:s-ooguro:20170126152113j:plain

『ザ・コンサルタント』(2016)

Illustration イラストレーション Original オリジナル アート・文化 ブログ 日記・エッセイ・コラム 映画

相変わらず近所の豊島園のシネコンで、ベン・アフレック主演の『ザ・コンサルタント』を観たのでした。

f:id:s-ooguro:20170124173819j:plain

BANZAI! Japanese Cult Movie Posters

アート・文化 日記・エッセイ・コラム 映画 本と雑誌

f:id:s-ooguro:20170114220525j:plain

むちゃむちゃ寒いので、家にこもって、昨年末に酔った勢いでポチってしまい、正月にイギリスから届いた日本映画ポスター集BANZAI! Japanese Cult Movie Posters
をパラパラめくっているんだけど、これがまぁ、およそ300ページのなかにいかがわしいポスター画像がこれでもかと詰め込まれた大著なのであった。

f:id:s-ooguro:20170114220552j:plain

f:id:s-ooguro:20170114220605j:plain

f:id:s-ooguro:20170114220700j:plain

ホラー、モンド、スケバン、マカロニウエスタンブルース・リーからゴジラまで。よくぞここまで集めたもんだとため息しきり。映画ってつくづく見世物だよなぁとの思いをよけいに募らせながら麦茶飲んでます。

f:id:s-ooguro:20170114220722j:plain

f:id:s-ooguro:20170114220735j:plain

f:id:s-ooguro:20170114220750j:plain

なかでも今じゃなかなかお目にかかれない洋ピンが充実しているのが嬉しい。ジェス・フランコクリフォード・ブラウン名義で撮った『肉欲魔女(Les Demons)』のポスターなんか初めて見た気がする。こりゃひょっとしてジョー・ダマトの『猟奇変態地獄(Emanuelle E Gli Ultimi Cannibali)』も拝めるかも! と思ったけど収録されてませんでした。生きてるうちに目の当たりにすることができるのでしょうか?

 

【追記】この記事をアップした後、ネットサーフィンしてたら『猟奇変態地獄(Emanuelle E Gli Ultimi Cannibali)』のチラシ画像を発見! 感激したなぁ。オークションに出品した際の画像のようです。どなたかは存じませんが、画像お借りします。ありがとうございます!

f:id:s-ooguro:20170114225626j:plain